灸(きゅう)について

 一般的には艾(もぐさ)を用い、身体の表面(主に経穴=ツボにあたる部位)に温熱刺激による治療を施すことで、症状の改善に効果をあげます。

 初めて灸治療を受ける方は、「灸は熱い、跡が残る」という不安を持たれるのではないかと思います。

 しかし、半米粒大(米粒の半分の大きさ)くらいの艾を用いますので、一見して目立つ大きな跡が残ることはありませんし、治療後しばらくたてばほとんどその跡も消えてしまいます。

 また、灸といってもさまざまな種類があり、艾と皮膚の間に薬効が期待される生姜などを挟む方法や輻射熱を利用した方法など、心地良い温熱刺激で跡が残る心配がまったくないものもあります。