第 17 回社会鍼灸学研究会のご案内

全鍼師会から添付の案内が届いています。
ご興味がおありでしたらご参加下さい。

以下、※添付ファイル 鍼灸のアイデンティティーを求めて(PDF)のテキスト本文です。

第 17 回社会鍼灸学研究会
テーマ:鍼灸のアイデンティティーを求めて
  〜「商品化社会」における鍼灸〜
開催日時:2022 年 9 月 18 日(日);研究者研究発表会
  9 月 19 日(月、祝);講演、討論会
会場:リモート開催
  主催:社会鍼灸学研究会
  日本鍼灸は、現代日本、あるいは、現代の世界においてどの様な存在意義があるのであろうか?
あるいは、現代の健康にどの様な役割を果たせるのであろうか?
そしてまた、存在意義や役割を問う際に、鍼灸が持つどの様なアイデンティティーの上にそれが問えるのであろうか?
これらの問いは、鍼灸が現代の人々の健康にどのように貢献できるかという自問の裏返しであり、現代社会における鍼灸の位置を明らかにし、現代の鍼灸が、どの様に具体的に存在しているかをあぶり出すことにより、その実像を明らかにすることである。
現代自由資本主義社会においては、あらゆるものが商品化され、あらゆる人の行為が売買される。この現実は、人々の心身の苦痛を軽減し、取り除くという、社会を構成する人々が互いに幸福に存在するための最も根源的な愛他の行為であるはずの医療も、例外にしない。
あらゆるものが商品化される現代においては、医療も、鍼灸も、1
つの商品であり、医療産業、鍼灸産業として、社会の一分野を形成する。
この様な構造は、私たちの日常生活や毎日の鍼灸施術行為の中からは分かり難いし、産業構造の一部としての医療の成り立ちや背景も見えにくい。しかし、現実は、むしろ、現代の経済構造の上に鍼灸という商行為が成立していると言えるであろうし、別の言い方をすれば、鍼灸は社会の中の様々な商品の
1 つとして売られ、買われている。
もちろん、その様な表現は、鍼灸を患者の健康を維持増進する崇高な行為であるとする考え方からは、違和感があるであろうが、この商品化社会の中で、鍼灸師は、自分の医療人としての矜持をどの様に抱き、それをどの様な形にして鍼灸治療を行っているのであろうか。
本年の研究会は、このような観点から、
1.
商品化社会において、現代における医療がどのような成り立ちと背景を持って存在しているかを明らかにした上で、
2. そのような医療構造を有する日本社会の中で、鍼灸が、療養費と自由診療という
2 重構造の上に成り立っている現状で、評価できる点、あるいは、問題点と課題
を明らかにし、
3. さらに、現代社会における鍼灸が、どの様なあり方で存在しているか
を具体的に明らかにしたいと考えている。
9 月 18 日(日):研究者研究発表会
<発表演題募集中>
1. 研究発表会の予定スケジュール
・ 9 月 18 日(日);午後 13 時~16 時;6 演題
・ 1 演題発表時間;30 分間(発表;15 分間、質疑;15 分間)
2. 研究発表の応募方法について
・ 応募については、別紙「応募方法」参照。
9 月 19 日(月、祝):講演、討論会
テーマ:鍼灸のアイデンティティーを求めて
〜「商品化社会」における鍼灸〜
スケジュール
10:00 開会の辞(形井 秀一 社会鍼灸学研究会 代表)
10:05 「多元的医療システムと鍼灸学をめぐって」
  村岡 清(岡山商科大学法学部 客員教授)
11:05 「鍼灸の療養費と自由診療の現状
~医療保険制度から考える商品としてのクオリティコントロール~」
  南 治成(公益社団法人日本鍼灸師会 副会長 南心堂鍼灸治療室 代表)
12:05 休憩
13:00 「フレアスの鍼灸の 2 つの取組」
澤登 拓(株式会社フレアス 代表取締役社長)
13:30 「現代社会における鍼灸市場の需要検討」
  浅石 祥吾(一般社団法人 全国統合医療協会 新規事業部 部長)
14:00 「コミュニティ鍼灸師を目指して
〜農的暮らしと師会活動と医療介護多職種連携の有機的結合を図る〜」
小池 栄治(つくば草の根はりきゅう院 院長 つくば鍼灸マッサージ師会 会長)
14:30 休憩
14:40 総合討論
  司会;小野 直哉 嶺 聡一郎(社会鍼灸学研究会 世話人)
16:10 閉会
16:30
↓ 懇親会;参加無料、お手元に飲み物や食べ物をご用意の上、ご参加ください。
17:30
第 17 回社会鍼灸学研究会への参加方法
ご参加される方は、以下の URL あるいは QR
コードより申し込みフォームにアクセスし、必要事項をご記入の上、参加費(会員で今年度会費未納の方は年会費も含め)をお振込ください。

https://forms.gle/qn9D2qCJzuPNesnY6

お振込が確認された後、後日、オンライン参加に必要なミーティング ID
とパスコードをお送りします。
なお、お振込いただいてから ID
とパスコードの送信までお時間をいただく場合がございます。

<参加費>
【会員】参加費;3,000 円(2022 年度会費未納の方は、年会費 5,000
円を同時に振り込んでください)
【学生会員】参加費;2,000 円(2022 年度会費未納の方は、年会費 3,000
円を同時に振り込んでください)
【一般参加】参加費;8,000 円(学生 5,000 円)
<締切>9 月 11
日(日)までにお申し込みと振り込みをお済ませください。なお、参加者が100
名に達した時点で締切とさせていただきます。

<振込先>

●ゆうちょ銀行からのお振込み

記号:10110 番号:91597811
名前:シャカイシンキュウガクケンキュウカイ

●他行からのお振込み

店名:〇一八(読み ゼロイチハチ) 店番:018 預金種目:普通預金
口座番号:9159781 名前:シャカイシンキュウガクケンキュウカイ

第 17 回社会鍼灸学研究会
研究者発表会
の応募方法について
・ 発表対象研究;本発表会での対象領域は、
①文化的、社会学的視点から行われた鍼灸研究
②独自の視点や方法で試みられた鍼灸研究
③その他
である。
なお、専門分野は問わない。
・ 応募方法;
・下記フォームへ入力

  https://forms.gle/4GbfMHME55KVnRna7

・演題名、演者名(共同演者を含む)、演者所属、抄録を締め切りまでに

前田(kenken_chaco@ybb.ne.jp)へメールで送付する。

・応募締め切り日;2022 年 8 月 11 日(木)
※抄録が締切までに間に合わない方は、ご相談ください。
・応募された抄録は、厳正な査読を行う。

 

鍼灸のアイデンティティーを求めてプログラム7.9、22.7.11