法制部アンケート(3月実施)

 法制部だより

3月に行いましたアンケートの結果は次の通りです
アンケートに答えていただいたのは100名でした。

Q1 国家資格を保有しているか聞かれたことがありますか?

        はい 37名    いいえ63名

Q2 国家資格を保有していること、つまり専門の教育を3年間受け 
  国家試験に合格して保健所に届け出た施術院であることを患者さんがわかるように努めていますか?

  • 免許証を掲げている    51名
  • 国家資格と表示している  16名
  • とくにしていない     26名
  • 話題にするように努めている31名

Q3 エステ、カイロ、整体、リラクゼーション、ほぐし、など国家資格のいらない手技療法が街にあふれています。癒しマッサージ等の看板では、我々の国家資格によるあんま指圧マッサージ業と紛らわしいのが実情です。しかも民間資格には広告規制がないため内容がエスカレートしています。この状況の中で患者が減りましか?

       はい 34名    いいえ 28名

また広告の必要性を感じますか?  

       はい 84名  いいえ14名

Q4広告媒体が紙のみでなく、ネットが増えています。ネットの規制は緩く、たとえば『鍼灸からの乗り換え続出』等根拠のない見出しの広告も散見されます。対策あるいは我々の業界も広告宣伝にしっかり取り組むべきでしょうか ?

 1、そう思う   83名 

2、あまり思わない17名

広告規制についての中央での話し合いの結果が出ましたら迅速に
お伝えしたいと思っております。ご協力ありがとうございました。この結果を今後の会の運営に生かしていきたいと考えております。

愛媛県鍼灸マッサージ師会

会長浦川武之 法制部長冨永恵子